内燃機関のオイルパンのドレン構造

Drain structure of oil pan in internal combustion engine

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ドレンコック24から排出される潤滑油が広 範囲に飛散されることを防止する。 【解決手段】 オイルパン10の深底部14における底 壁部18と側壁部20とのコーナー部をオイルパン10 内方へ凹ませて傾斜壁部22を形成し、この傾斜壁部2 2にドレンコック24を取り付ける。底壁部18に内側 へ向けて凸となったドレン用ビード28をドレンコック 24を囲むように形成する。このドレン用ビード28 は、その両端28aが底壁部18と傾斜壁部22との稜 線26近傍に位置するまで延ばされている。
PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent lubrication oil discharged from a drain cock from scattering. SOLUTION: A corner part between a bottom wall part 18 and a side wall part in the deep bottom part 14 of an oil pan 10, is recessed inward of the oil pan 10 so as to form an inclined wall part 22 in which a drain cock 24 is fitted. A draining bead 28 which is inward convex is formed on the bottom wall part 18, surrounding the drain cock 24. The draining bead 28 is extended so that its both ends located around the ridgeline 26 between the bottom wall part 18 and the inclined wall part 22. COPYRIGHT: (C)2000,JPO

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (4)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2008150974-AJuly 03, 2008Honda Motor Co Ltd, 本田技研工業株式会社エンジンのオイルパン構造
    JP-4625442-B2February 02, 2011本田技研工業株式会社エンジンのオイルパン構造
    WO-2008072416-A1June 19, 2008Honda Motor Co., Ltd.エンジンのオイルパン構造
    WO-2011092866-A1August 04, 2011愛知機械工業株式会社オイル垂れ防止構造